花粉症の原因はスギだけじゃない

2月から4月にかけて、テレビや新聞で連日のように花粉情報が出ます。


今や国民の半分以上が何らかの花粉症の症状を出すようになり、「春先と言えば花粉症の季節」というイメージが定着しました。

そんな憂鬱な気分とも初夏になればオサラバ

と思っていたのに・・・・

5月になっても花粉症が治まらない


なんで?周りの人達は

やっと花粉が治まったね

なんて言ってるのに・・・。

5月になっても花粉症の症状が治まらないのはなぜ?

それは、スギ以外の花粉にも反応する花粉症になってしまったからです。

5月に花粉症を引き起こす植物


日本で花粉症が発見された当初から、しばらくは花粉症の原因はスギだけだと思われてきました。

ところが、近年になって、スギ以外の植物による花粉によっても花粉症の症状が出ることが分かってきました。

しかし、全体の花粉症患者の内、スギ花粉に反応する花粉症患者が7割以上と大多数を占めるため、スギ花粉の時期には花粉症が騒がれますが、それ以外の時期にはあまり花粉情報などが出回らないのです。

それでは、5月に花粉症を引き起こす原因となる植物にはどんなものがあるのでしょうか?

5月の花粉症を引き起こすのは、イネ科の植物がほとんどです。


イネ科の植物とは、イネの他、カモガヤ、スズメノテッポウ、イタリアンライグラスなどを指します。

イネ科の植物の花粉の飛散距離は、スギなどと違ってせいぜい200メートル程度です。

ですから、あなたの生活圏の近くに田んぼや雑草が生い茂っている堤防、河川敷などがある場合、あなたの5月の花粉症の原因はほぼ100%の確率でイネ科の植物によるものだと言えるでしょう。

5月の花粉症に効く市販薬は?

では、5月の花粉症に効く薬にはどんなものがあるのでしょうか?

基本的には、スギ花粉による花粉症と同じ薬を使えば効果はあると思われます。

しかし、それはあまりお勧めできません。


何故なら、花粉症に効く市販薬を長期にわたって使用すると危険な場合があるからです。

花粉症に効く市販薬の中には、長期間使用すると、花粉が飛んでいない時期にもその薬を服用しないと鼻づまりが解消されなかったり、常に頭が重たい状況が続いたりするものもあります。

また、スギ花粉に加え、イネ科の花粉にも反応するようになった今、さらに他の季節に飛ぶ花粉にも反応しないという保証はどこにもありません。

そうなると、さらに花粉症の症状に悩む期間が長くなります。 できるだけ、体にとって自然なもので花粉症の症状を和らげるようにした方が身のためです。

5月の花粉症に悩むあなたにぜひともおススメしたいのは、「えぞ式すーすー茶」です。

⇒これがえぞ式すーすー茶です


えぞ式すーすー茶は、薬でも治らなかった鼻づまりでもスーッと通してくれるほどの効果の高い健康茶です。

もちろん、100%天然成分から作られており、副作用もありません。必要な場合は、薬との併用も可能ですから、薬の量を減らしたいという方にもおススメです。

しかも、このえぞ式すーすー茶は、全額返金保証がついているので、一度試してみて、効果が感じられなかったら返品すればお金を返してもらうことができるので、その点でも安心して購入できます。

詳しくは、えぞ式すーすー茶の公式サイトでお確かめください。