急な鼻水の止め方

花粉症の季節や寒い季節、ティッシュを持っていない時にふと鼻水がズルズルに出てきて困る時ってありますよね。

ここでは、そんな緊急事態の際の鼻水の止め方をいくつかご紹介します。

鼻水の止め方1:息を止める

  1. まず、軽く深呼吸をした後、息を吐ききる
  2. 鼻をつまみ、息を止め、首をゆっくりと大きく縦に振る
  3. 息が苦しくなる限界まで首を振り続け、限界になったら手を放す

これをすると、スッと鼻に空気が通るのが実感できると思います。

これは、脳が酸欠状態になり、もっと酸素を取り込むように指令が出て、鼻の粘膜の腫れが一時的にひくからだと言われています。


鼻水の止め方2:ペットボトルを使う

  1. 水の入ったペットボトル(500ml)を2本用意する
  2. ペットボトルを両方の脇にはさみ、腕をギュッと体に近づける

ペットボトルがない時は、テニスボールなど、脇にギュッと挟める程度の大きさのものを使用すれば、同じように鼻水を止める効果があります。

これは、身体の側面を圧迫することで、反対側の交感神経が刺激され、その結果、鼻の粘膜の血管が収縮し、鼻づまりが緩和されるからだそうです。


これら2つは急に鼻水が出てきてどうしようもない場合の止め方です。

鼻水が出るたびに脳を酸欠状態にさせていたのでは、身体に良くありませんし、いつもペットボトルに水を入れて持ち歩くわけにもいきません。

そこで、日常的に行うべき鼻水の止め方をお伝えしたいと思います。

普段からの鼻水の止め方

現代日本に住む私たちは、鼻水に悩まされることが多くなってきました。

以前はスギやヒノキの季節だけだった花粉症が、今では、冬以外のどの季節でも発症するようになりました。

また、冬は暖かい部屋から急に寒い所に移動しなければならないことがあり、そんな時に鼻水が止まらなくなることがよくあります。

つまり、私たちは、1年中、鼻水に悩まされているわけです。

そこで、副作用の心配がある市販薬などを使わない、日常的に続けられる鼻水の止め方をご紹介したいと思います。

その方法とは、鼻づまり解消茶「えぞ式すーすー茶」を飲むことです。

⇒これがえぞ式すーすー茶


えぞ式すーすー茶は、昔から鼻水解消に効果があると飲まれ続けてきたバラ科の甜茶に、炎症を治す効果の高い赤紫蘇とクマザサが配合された健康茶です。

当サイトでは、このえぞ式すーすー茶の効果の詳しい解説や美味しい飲み方などを解説しています。

今なら全額返金保証がついていて、実質無料で1か月分のお試しが可能ですので、この機会にえぞ式すーすー茶を試してみてはいかがでしょうか?

⇒えぞ式すーすー茶の詳細を読む