鼻づまりが片方だけに起こる原因

鼻づまりが片方だけで気になるってことってありませんか?

あれって、みんなに起こってることなんでしょうか?また、なぜ、片方だけ鼻づまりになることがあるのでしょうか?


実は、鼻づまりが片方だけに起こるのは、自然なことなんです。

普段、鼻から息をする時、二つとも同時に吸ったりはいたりしていると思いがちですが、実は違います。

ネーザルサイクルと言って、鼻は左右のどちらか片方ずつが交互に詰まるようになっているのです。

この鼻詰まりのサイクルは人によって違いますが、1~3時間周期で交代していると言われています。


片方だけの鼻づまりの解消法

鼻詰まりが片方だけに起こるのは当たり前の現象だとしても気になるものは気になりますよね。

では、この片方だけの鼻詰まりはどうすれば解消することができるのでしょうか?

一番簡単な方法は、ペットボトルなどを鼻づまりになっているのと反対側の脇に挟む方法です。

そうすると、交感神経が刺激され、鼻づまりになっている方の血管が収縮し、一時的に鼻づまりが解消されます。


その他にも「酸欠状態にする」「玉ねぎを使う」など様々な鼻づまりの解消方法があります。

詳しくは、当サイトの「鼻づまりの原因と治し方」というページに紹介していますので、自分にあった解消法を探してみてください。

⇒鼻づまりの原因と治し方

同じ片方だけが鼻づまりになる場合


イヤイヤ、私はいつも同じ片方しか鼻づまりにならないよ!!

という方がいるかもしれません。

その場合、鼻中隔湾曲症の可能性があります。

鼻の穴の中はみんな左右対称ではありません。その結果、どちらかの鼻の穴が極端に狭く、その狭い片方だけがいつも鼻づまりになるという場合もあるのです。

これは、手術でしか治すことができませんので、耳鼻科を受診する必要があります。