えぞ式すーすー茶の飲み方<基本>

 このページでは、えぞ式すーすー茶の飲み方と注意点を紹介します。せっかく飲むのですから、正しい飲み方で最大限に効果を実感しましょう。

 まず、えぞ式すーすー茶の基本的な飲み方を紹介します。

 えぞ式すーすー茶は煮出し用のお茶です。やかんやポットに500mlの水とえぞ式すーすー茶のティーバックを1包入れ、沸騰させます。沸騰したら、火を弱火にし、5分間煮出して出来上がりです。


 煮出した後は、すぐにティーバックを取り出すようにしましょう。そのまま入れっぱなしにしておくと、苦味が出てしまいます。

 煮出したお茶は、そのままホットでも美味しくいただけますし、冷ましてアイスティーにして飲むこともできます。冷ました方が甘みを強く感じますので、お子様には冷ましたすーすー茶がご好評です。

⇒えぞ式すーすー茶を飲んでみる

 えぞ式すーすー茶は、甘味があり、ストレートで美味しくいただけますが、その他の飲み方もあります。

ちょっとかわったえぞ式すーすー茶の飲み方


ミルクティー
 えぞ式すーすー茶に対して5対1の割合で牛乳を入れます。ほんのりと甘味があり、美味しいミルクティーになります。

レモンティー
 えぞ式すーすー茶にレモン果汁を加えることでさっぱりと美味しいレモンティーにもなります。ホットでもアイスでも美味しくいただけます
 ちなみに、レモン果汁を加えた時に若干えぞ式すーすー茶の色が変わりますが、品質に問題はありません。

ジンジャーティー
 えぞ式すーすー茶500mlに対してすりおろしショウガ4gを入れると、美味しいジンジャーティーとして楽しめます。えぞ式すーすー茶の甘味が苦手な方におすすめな飲み方です。

 また、えぞ式すーすー茶の甘味が苦手な方は、水で薄めて冷やしていただくと独特の風味が和らぎ、飲みやすくなりますので、試してみてください。

⇒えぞ式すーすー茶を飲んでみる

煮出さない飲み方や注意点

 えぞ式すーすー茶は、煮出し用ですが、オフィスなどでも飲みたい場合は、急須やカップを使ってお茶を入れる飲み方でも効果が実感できます

 まず、えぞ式すーすー茶のティーバックをカップや急須に入れます。そこに、熱湯を注ぎます。煮出しの場合は弱火で5分でしたが、この場合は時間を少し長くして6分程度お湯に浸します。6分経ったらティーバックを取り除いて完成です。

 えぞ式すーすー茶は、煮出した方がより多く良い成分が抽出できますので、できる限り煮出して飲むようにしましょう。


飲む量とタイミング
 えぞ式すーすー茶の1日に飲む量の目安は500ml。ただし、健康茶なので、飲みすぎて悪いということはありません。
 また、えぞ式すーすー茶は、飲むタイミングにも決まりはありません。眠くなる成分も入っていないので、1日中好きな時間に飲むことができます。3回の食事やおやつの時間などに合わせたバランスの良い飲み方をする事で、1日中効果を実感できます。
 えぞ式すーすー茶は、鼻づまりになってから飲み始めても効果がありますが、花粉症など、毎年その時期になったら鼻づまりすることが分かっている場合には、その時期になるちょっと前から飲み始めることで、鼻づまりの予防にもなります。

賞味期限と保存方法
 えぞ式すーすー茶の賞味期限は製造から約2年。商品の裏面に賞味期限が記載されています。
 えぞ式すーすー茶のパックは、チャック付きの入れ物に入って届けられます。開封後は、必ずチャックをしめ、高温多湿を避けて保存するようにしましょう。
 なお、煮出したお茶には保存料が含まれていないので、当日中に飲むようにしてください。

その他の注意点
 えぞ式すーすー茶は、他のお薬との飲み合わせで副作用が出たりするという例はありませんので、お薬と一緒にのんでも問題ありません。万が一、体質に合わないことがあれば、すぐにお医者さんに相談するようにしてください。


⇒えぞ式すーすー茶を飲んでみる

 それでは、次に、えぞ式すーすー茶の購入の方法を紹介します。

⇒えぞ式すーすー茶の購入方法