花粉症の鼻づまり解消には健康茶

辛いですよね。花粉症の鼻づまり。

一刻も早く解消したいと思うでしょうが、安易に市販薬に手を出すのはおススメできません。

鼻づまり解消の市販薬の中には、ある程度の期間を超えて使い続けると、花粉症の季節が過ぎ去った後もその市販薬がないと鼻づまりが解消しないようになってしまう可能性があるからです。

また、病院にかかるのも、もう少し待ってください。

病院に行った場合でも、ほとんどの場合が薬物による対症療法になるため、市販薬と同様に、一時的には花粉症による鼻づまりが解消することもありますが、やはり副作用が心配です。

専門家であるお医者さんだからそこまで心配する必要はないだろうと思われるかもしれませんが、花粉症に限ってはそうとも言い切れない部分があるのです。

実は、花粉症に一度かかってしまうと、いわゆる「花粉症の季節」以外にも花粉症による鼻づまりに悩まされるようになる可能性が高いので、「花粉症の季節」を乗り越えるための治療では充分ではないのです。

対症療法の限界とは

一般的に、花粉症の季節と言えば、スギやヒノキの花粉が飛ぶ2~4月頃を指します。

ところが、スギやヒノキの花粉にアレルギー反応を示すようになった人は、それ以外のアレルゲンにも反応するようになる確率が非常に高いことが分かっています。

つまり、スギやヒノキの花粉で花粉症の症状が起こるようになった人は、初夏から秋にかけてのイネ科の雑草の花粉や9月頃のブタクサやヨモギ属の花粉などでもアレルギー反応が起きる可能性が高くなります。

そうなると、冬以外のどの季節にも花粉症の鼻づまりに悩まされることになり、市販薬や病院での対症療法的な治療ではいつか限界がやってきます。

そこで、花粉症の鼻づまり解消におススメしたいのが、副作用の心配がないのに鼻づまり解消効果の高い健康茶「えぞ式すーすー茶」です。

⇒これがそのお茶です


えぞ式すーすー茶の鼻づまり解消効果は高く、使用者の感想を読むと、医者や市販薬では治らなかった鼻づまりがえぞ式すーすー茶で解消した例も紹介されているほどです。

詳しくは、えぞ式すーすー茶の公式サイトをご確認ください。