後々のことを考えて病院を選ぼう

花粉症になったかも!


と思ったら、必ずお医者さんに診てもらいましょう。

花粉症だと思っていても、実はハウスダストが原因だったりして、自己診断で見当違いな薬を飲み続けたりすると、効果がないだけではなく、後々、副作用に苦しめられるようなことにもなりかねません。

では、花粉症かもしれない場合、何科を受診したら良いのでしょうか?

それは、あなたの花粉症の病状によって以下のように変わってきます。

  • 鼻づまりが苦しいなら、耳鼻科か耳鼻咽喉科
  • のどが痛いなら、耳鼻咽喉科
  • 目のかゆみが辛いなら、眼科

大きな病院には、アレルギー科がある場合もあり、より専門的に診てもらうことができそうですが、花粉症の場合は、定期的に受診する必要がある場合が多いですし、今後何年間も通うことになる可能性が高いので、待ち時間が長く、自宅や職場から遠い病院に行くと、後々大変な負担になってしまいます。

あなたの生活圏にあって、いつでもすぐに診てもらえるような病院にかかる方が望ましいでしょう。


あなたの花粉症では何科を受診するべきかは、お分かりいただけたかと思います。しかし、花粉症というものは、一度なってしまうと治ることはないとも言われています。

むしろ、一つの花粉に反応するようになると、別の花粉にも反応する確率が高まります。

つまり、現在、春先に花粉症の症状に悩まされている人は、初夏や秋にも花粉症に悩まされる可能性があり、どんどんと長期化したり悪化する可能性が高いということです。

そうなると、長期間にわたって薬を服用し続けるのは非常に危険です。今のうちから、副作用のない方法で花粉症の症状を和らげることを考えていくべきです。

そこで、ここでは、副作用なしで花粉症の症状を緩和する方法を1つご紹介します。

花粉症の症状を緩和する方法

花粉症の症状の中で一番対処に困るのが、鼻づまりです。


目のかゆみはゴーグルなどで対策できますし、喉の痛みもマスクなどである程度防ぐことができます。

でも、鼻づまりだけはどうしようもありません。寝ても覚めても息苦しい状況が続き、頭がボーッとしたりして仕事や勉強も思うようにできません。

この花粉症の鼻づまりを解消してくれるのが、今回ご紹介する健康茶「えぞ式すーすー茶」です。

⇒これがえぞ式すーすー茶です


えぞ式すーすー茶は、昔から鼻づまり解消効果が高いと言われているバラ科の甜茶に、炎症反応を抑える漢方「クマザサ」や「赤紫蘇」を、バランスよく配合した健康茶です。

お医者さんや薬でも治らなかった鼻づまりが解消した例もあり、口コミで多くの方に愛されています。また、あの日本一売れているオリゴ糖「カイテキオリゴ」を販売している「北の快適工房」が販売しているという安心感もあるようです。

しかも、今なら全額返金保証がついていて、実際に購入してみて、効果や味を確かめることができるので、実質無料で試せるところも人気の秘密のようです。

このサイトでは、別のページで、えぞ式すーすー茶の詳しい解説や激安で購入できる方法などを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

この機会にえぞ式すーすー茶を生活に取り入れ、なるべく薬に頼らずに花粉症と付き合っていけたら良いですね。