花粉症に関する調査結果


1963年に日本で初めて花粉症が発見され、その後、しばらくの間、花粉症患者の割合は少なく、珍しい病気のうちの一つでしかありませんでした。

ところが、その後、1970年代に関東地方でスギ花粉が大量発生し、花粉症患者の割合が急増し、一般的に認知されるようになりました。

花粉症患者の割合が増えた直接の原因は、スギ花粉の増加だと言われています。1965年と比べ、2005年には3倍にもなりました。

2010年には、花粉症患者の割合は20%と言われ、国民病とも言われるほどになりました。

さらに、2015年の調査では13歳以上の日本人の65%が何らかの花粉症の症状に悩まされていることが分かっています。

花粉症の原因はスギ花粉以外にも


日本で花粉症が発見された当初、スギ花粉が飛ぶ2~3月が花粉症の症状が出る時期だと考えられていました。

ところが、花粉症患者の割合が増え、研究がすすむにつれて、スギ花粉以外の花粉でも花粉症の症状が起こる人が出てきました。

現在、花粉症患者の内、スギ花粉に反応する花粉症患者の割合は、70%程度だと考えられています。

近年では、スギ花粉に加え、ヒノキ花粉が多く飛ぶようになり、ヒノキ花粉に反応する花粉症患者の割合が徐々に増えてきています。

しかも、悪いことに、すでにスギ花粉に反応する花粉症患者は、そうでない人に比べ、ヒノキ花粉にも反応する割合が多いことも分かっています。

つまり、すでに花粉症になっている人は、年々花粉症の症状が悪化し、しかも、花粉症の症状に悩む時期もどんどんと伸びていくことになります。

市販薬を使える限度を超えている


ところで、皆さんは花粉症にはどのように対策されていますか?

市販の花粉症薬を適当にのんで症状を抑えたりしてはいないでしょうか?

それは、かなり危険な行為かもしれません。

なぜなら、市販薬の中には、一定期間を超えて使用すると、花粉が飛んでいない時期でもその薬を服用しないと症状が治まらなくなってしまうタイプの薬もあるからです。

しかし、すでに花粉症の症状に悩まされている以上、今後、花粉症対策をする時期がどんどんと長くなっていくことは明白です。

では、どうすれば良いのでしょうか?

ある調査によれば、花粉症の症状で一番改善したいのは鼻づまりだということが分かっています。

目や喉、肌荒れはある程度防御できますが、鼻については、息をしている以上逃れられない症状だからなのでしょう。


この鼻づまりの症状を、薬なしで解消できたら良いと思いませんか?

それができるのが、北の快適工房の「えぞ式すーすー茶」です。

⇒これがえぞ式すーすー茶です


えぞ式すーすー茶は、薬でも効果がなかった鼻づまりですら治した例があり、しかも、全額返金保証があるので、実質無料で試すことができます。

副作用の心配もなく、薬との併用も可能です。

えぞ式すーすー茶で鼻づまりさえ解決できれば、あとは、マスクやゴーグルなどで自衛できます。

このサイトの別ページでは激安購入方法なども紹介していますし、公式サイトにもさらに詳しい情報が掲載されていますので、ご確認ください。