いびきが理由で離婚は可能?

 いびきが原因で離婚を考えた場合、「いびきがうるさい」という理由だけで離婚することはできるかどうかがまず気になるところですよね。

 答えは、「協議離婚であれば可能」

 ということになるでしょうか。

 お互いが納得して、離婚に同意すれば、離婚の原因が「いびき」であろうが、何であろうが可能です。

 逆に、相手が離婚することを拒否し、裁判に持ち込まれた場合、「いびき」を離婚原因とすることは難しいと思われます。

 裁判による離婚を認めてもらうには、「婚姻を継続しがたい重大な事由」が必要です。一般的に、「家庭内の暴力」「別居している期間が長い」「浮気(不貞)」などは離婚の事由として認められる場合が多いようですが、「いびきがうるさい」ということを離婚の事由として認めてもらうことは難しいようです。

いびきで離婚する前に試してほしい


 「いびき」のみを離婚の事由にすることは難しいということを説明しました。

 では、いびきの他に離婚の事由を作れば良い?

 ちょっと待ってください。

 いびきを原因として「離婚したい」とまで思い詰めているあなたのことだから、もしかしたら、もう既にパートナーへの愛情を失ってしまっているのかもしれません。

 ここで冷静になって、考え直すということは本当に難しいことかもしれません。

 でも、離婚への第一歩を踏み出す前に、もう一つだけ、いびきを改善する努力をしてみてほしいのです。

 それは、「えぞ式すーすー茶」と「口閉じテープ」によるいびき対策です。

 いびきの原因はいろいろと挙げられますが、口呼吸さえしなければいびきはかきません。


 人間は、本来、鼻で呼吸するようになっています。それなのに、なぜ、口呼吸をするのでしょうか?

 それは、鼻がつまっているから。

 では、その鼻づまりを解消して、口呼吸をやめれば、いびきは止められるのではないでしょうか?

 えぞ式すーすー茶は、健康茶ではありますが、なかには、薬ですら改善しなかった鼻づまりを解消した事例もありますので、ばかにできません。詳しくは、別ページにえぞ式すーすー茶の説明をしていますので、そちらをお読みください。

⇒えぞ式すーすー茶とは

 鼻づまりさえ解消できれば、あとは、寝ている時の口呼吸をやめたら良いだけです。口閉じテープなどを使用してもらって、鼻呼吸へと切り替えましょう。

 あなたが、いびきで離婚しようなんて思いつめなくて済むようになることを祈っています。